SERVICE

超速硬コンクリートモービル事業

超速硬コンクリートモービル事業について

超速硬コンクリート製造プラントを搭載したスーパーコンクリートモービル車を自社配備しています。
(超速硬コンクリートモービル事業はヤマリョー株式会社・新菱商事株式会社との業務提携により行っています。)

スーパーコンクリートモービル車の特徴

特長その1

特殊ベルトコンベア状に積層状に計量された材料は、その状態で既に配合がなされているため、任意の時間(位置)でミキサーへのコンクリート材料の供給・停止ができます。

特長その2

バッチミキサーとは、根本的にコンクリート製造プロセスが異なる構造を有しています。一定速度で回転する特殊ベルトコンベア状に各材料(セメント・細骨材・粗骨材)が連続して計量され、積層状に配合された状態でミキサーへ導かれます。この時点で水・各混和剤が計量器によって計量され、各材料と同調してミキサーに投入されます。投入された材料は、特殊形状一軸ミキサーにより練り混ぜし、コンクリートとなって排出されます。

特長その3

バッチミキサーのように材料計量・投入・混合という待ち時間は全く生じません。また、1バッチ毎の計量では無いため任意の量コンクリートの製造ができるため材料のロスが最小限留められます。

スーパーコンクリート

スーパーコンクリート
  • 使用材料:超速硬セメント
  • 使用目的:2〜3時間で20〜30N/㎟の強度が得られ、緊急工事に最適。
  • 使用場所:道路補修、橋梁補修、踏切補修、水路補修、地下構造物等
スーパーSFコンクリート
(スチールファイバー入り)
  • 使用材料:超速硬セメント・スチールファイバー
  • 使用目的:耐久性の工場、曲げ強度向上。
  • 使用場所:高速道路補修、橋梁床版補修等

超速硬コンクリートの特徴

1. 2〜3時間で実用強度を発現

超速硬コンクリートは、配合により、2〜3時間で20〜30N/㎟の実用強度を発現します。

2. 長期にわたる安定した強度増進

普通ポルランドセメントを使用したコンクリートと同様、長期にわたり安定した強度増進を示します。

3. 低音でも短時間で実用強度を発現

「カルシウムサルフォアルミネート」(C・S・A)が低温時でも活性を失わず、短時間で硬化。
水和熱を発生し、寒中での工事でも実用強度を発現します。

4. 凝固時間を自由に調節

専用の凝結遅延剤(セッター)の適量添加により、凝結時間が任意に調節出来ます。

5. ひび割れ抵抗性がアップしました

一般に実施工において「ひび割れ」の発生が問題となっておりますが、スーパーコンクリートはその悩みを解消しました。

5. 6.ブリーディングがほとんどなし

硬化後の収縮性が小さいため、鉄筋との付着及び既設コンクリートとの密着性が優れています。

小野工業所が保有する超速硬コンクリートモービル車両

Super Concrete Mobile 1号車

Super Concrete Mobile 2号車

CONCRETE-MOBILEは、米国 NATIONAL-CONCRETE. MACHINERY CO. に於いて、研究・開発された連続ミキシング能力を有する、生コンクリート製造機であります。 本機の性能は、米国に於いてはA.S.T.M.C-685-74の基準に合致する性能を有し、我が国では財団法人建設機械化研究所に於いて、その性能が確認されております。
本機には、コンクリートに必要な素材(セメント・骨材・水・混和材等)がそれぞれ個別に貯蔵されており、ダイヤルセットの切替えで、任意の配合のコンクリートを連続ミキシング出来ます。

主要諸元

Super Concrete Mobile
コンクリート製造能力m³/h(最大) 6m³/h (SFRC 5m³/h)
タンク類容積 セメントビン 2.0m³
細骨材ビン 2.7m³
粗骨材ビン 3.5m³
水タンク 1.2m³ (SUS)
混和材(セッター)タンク 0.13m³ (SUS)
混和材(FT-80)タンク 0.19m³ (SUS)
作動油タンク 0.16m³
車両寸法(全長×全幅×全高) 11.87m×2.49m×3.74m
車両総重量 24990kg
発電機消費電力(常用) 12.8kw (P.T.O駆動)
alt

ご利用の流れ

1. お問い合わせ
サービスをご希望の方は、Webお申込みにてご予約になります。
2. お打ち合わせ
作業スケジュールなどについてお伺いします。 車両やサービスに関するご不明な点がありましたら、お尋ねください。
3. お見積り
お打合せ内容をもとに、お見積りをお出しします。 費用やサービス内容などをご検討のうえ、ご返答ください。
4. ご契約
お見積り内容に問題がなければ契約を締結します。
5. 作業
所定のスケジュールに沿って作業を行います。