先輩社員インタビュー

image image

田中 太郎 2014年●●入社 / 環境土木工学科卒業

1年間自分が関わった工事が竣工した時の達成感は今でも忘れることができません。

傷んだ道路を崇上げして補修するとともに、新たに堤防を造る工事に携わっていますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入ります

普段の仕事内容を教えてください。

私は工事が円滑に進むよう現場を管理する施工管理の仕事をしています。現在は先輩や上司の補佐として現場に入り、工程・出来形・安全・品質の中から出来形と安全を任されています。一般車両が通れる道幅を確保したり、作業中の墜落防止のため柵をつくったりと安全対策を行うことで工事が順調に進んでくれる事に喜びを感じています。

仕事のやりがいは何ですか?

入社した頃は何をすればいいのかわからず先輩や上司に聞いてばかりいました。いろいろアドバイスを頂き知識、技術が身に付き、できる仕事が徐々に増え、1年間自分が関わった工事が竣工した時の達成感は今でも忘れることができません。自分の仕事が目に見える成果でかえってくる、これが施工管理の魅力だと思います。現在は補佐という立場ですが、早く1人で現場を管理できるようになりたい。そして、ゆくゆくは後輩に教えることができるよう、様々な知識、技術を身につけるということが今の目標です。来年は、1級土木施工管理技士の受験に挑戦する予定です。

会社のどのようなところが魅力ですか?

父の影響で土木関係の仕事に興味を持ち、大学に進学しました。就職活動では学生時代学んだことを活かしたいと思い土木関係の企業を何社か受けてきましたが、私はもともと橋梁補修に興味があったので、この会社の今後橋梁補修をメインに事業を行っていくというビジョンに強く魅かれました。また、長年福島県に対して地域貢献してきているという点も決め手の1つになりました。

小野工業所の、いいね!

上司や先輩など、周囲には面倒見がよく優しい人が多いのでテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入ります

プライベートについて

テキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入ります