ABOUT US

経営理念

グループ経営理念

『我々は、仕事を通じて、文明社会の発展と経済進展に寄与し、従業員の賃金水準と幸福を向上させる』

我々は、お客様に製品、技術、サービスという価値を提供することにより、適切な対価を得る。
お客様から頂いた対価から得られた利益をもとに、より良い価値を提供するための製品開発、技術向上、サービス水準の向上に投資を行い、同時に従業員教育にも投資を行う。それら好循環の結果として、従業員は高い報酬を受け取り、生活水準を高めることができるようになる。
また、仕事を通じて、従業員自らが成長し、お客様や取引先や同僚から正しく認知される、より高次の自分へと自己実現をする事により幸福を得るための手助けを会社は惜しまない。これは、アブラハムマズローが唱えた欲求階層論の4段目と5段目をさす。

我々が扱う社会資本は一度共用されると長い期間使用される事を前提に製造される。我々の今日行っている仕事は、必ず後世の評価を受けるという気概を持って取り組まなければならない。一時的な利益や不真面目さなどから手を抜くような事は決してあってはならない。常に未来の後輩たちが我々の仕事を見ていると襟を正して仕事に臨まなくてはならない。

我々は、正しい倫理観で仕事する。
従業員一人一人が高い目標を掲げ、達成するための努力を惜しまない。組織も常に高い目標を掲げ達成するために厳しい要求にも全力で応える。

このような社会人であると同時に家庭にあっては良き家庭人でなければならない。家庭生活の安定があってこそ正しい成果を上げる事ができることを認識しなければならない。

我々は、同僚と仕事する上でお互いを正しく認めあわなければならない。互いの文化、信条などが異なる事を認め合った上で、目標達成のために努力を惜しまない。このような従業員でなければならない。

我々の最後の責任は、未来の子供たちに対するものである。
我々は、製品、技術、サービスを提供する事を通じて、文明社会の発展を支え、経済活動の土台となり、より良い環境を守り後世に残さなければならない。

経営理念

施工技術の研鑽に努め、良質な工事をもって地域社会の進展に寄与する

経営ビジョン

我々は、社会資本の建設、維持、補修の良質な担い手として存在し続けることにより、地域社会の発展の土台となる。
我々は、「作り続ける時代から維持する時代へ」という社会的な要請に確かな技術と技術者倫理で答える。
我々は、お客様のニーズに応える為に会社を挙げて技術の向上、人材育成に努め、品質保証の充実を図る。
我々は、質実剛健を旨とし、決して驕らず、強固な収益力を背景とした健全な財務体質を維持する。
我々は、一人一人が目標達成への強い意志と最後まで諦めない実行力を持ち、ともに助け合う組織であり続ける。